スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 飼育環境について考える  -  2005.07.07.Thu
HRSのサンディエゴとサンフランシスコのサイトのデザインが好きでよく見ているのですが、色々と参考になることが多いです。日本と大きく違うのは、うさぎを複数で飼うことと、住環境かなと思います。

To Cage or Not to Cage

やっぱり家が広いだけあってか、うさぎのケージも広い。そして高さもある。日本では、高い場所に上らせるのは骨折などの危険があり、NGとされることが多いけど。我が家のうさぎ達を見ていても、高い場所が好きかどうかは個体差が大きく、うさぎそれぞれにあった環境を作ることが大事なのだと思います。

うさぎはケージで飼うのが安心だということに間違いは無いと思うのですが、それはあくまでも人間が管理する上で、飼いやすいという理由からであって、うさぎの為では無いと思う・・(障害のある子はケージの方が安全だとは思うけど)。ケージはうさぎにとって安心できる場所。人間の都合で押し込む場所にはしたくない。うさぎは普段、あまり動き回らないから、時々ケージの外に出せばOKなんて書かれた飼育書もあったりするけど、それは違うと思う。我が家のお年寄り組みは今、サークルで暮らしているのですが、ケージに居た頃よりも活発に動き回っています。適度な運動はやっぱり、体にも良いのです。ぷらむのプチうっ滞も、ケージ飼いだった頃に比べると減ったような気がします。

狭くてなーんにもない部屋よりは、テレビやゲームのある広い部屋の方が良いよな~と私は思うのです。
うさぎが退屈しない環境作りは大きな課題です。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。