スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 繁殖に反対します!  -  2006.04.05.Wed
ずっとずっと前から、書こう書こうと思っていたのですが、なかなか思うように考えが言葉に纏められずに、気付いたら今年も明けてもう4月・・。

タイトル通り、私は繁殖には反対です。特に、無知な素人による無茶な繁殖には、より強く反対しています。

私も、うさぎを飼い始めて間もない頃は、「いつかこの子達の子孫を・・」と漠然と考えていました。でも今はそのつもりはありません。

理由は、

目の前にいるうさぎが、何ものにも変えがたいほどに、大切だからです。

うにちゃんに子供を生ませたい・・そんな風に思ったこともありました。だけど色々と調べているうちに、100%安全な繁殖は無いことを知り、まだ見ぬ命よりも、今目の前にいるうにちゃんの方が、何百倍も大切だと思いました。実際、知人のうさぎさんは、お産に失敗して亡くなりました。。これは特別、珍しい話というワケではありません。命を生み出すという行為には、常に危険がつき物です。人間だって同じです。

先月、うにちゃんは亡くなってしまいましたが、うにちゃんの子孫を残さなかったことへの後悔は、微塵もありません。どんな子も、みんな同じだと私は思っています。たまたま自分の家で一緒に暮らしているから、色々なことが見えてくるだけであって、それは動物実験施設のうさぎだって、毛皮にされるうさぎだって、触れ合い広場でやつれているうさぎだって、みんな同じだと思います。近くのものはよく見えます。遠くのものだって、近づいてみたら遠くからは見えないようなことが、よく見えるんです。言葉にすると当たり前のことだけど、普段は忘れてしまいがちですね。。

それに・・子孫を残したいと思って繁殖をしても、またその子供の子孫が欲しくなるのではないでしょうか?それとも目の前のウチの子の子孫だけがいれば、そこで満足されるのでしょうか?もしも前者であるとすれば、それは永遠に終わらないかも知れません。そう考えるとある意味ちょっと怖いです。

新しい飼い主を必要としている動物達が沢山いるのに、増やしている場合じゃないと思います。別に動物愛護家とかそういうのは関係ないです。私だって動物愛護家ではないですから。動物が好きな人々こそ、辛い現実から目を逸らさずに、考えていかないといけないんじゃないかと思っています。

増やした動物を全て自分で飼うのならまだしも、新たに里親を探す場合は、不幸な動物達の幸せになるチャンスを、間接的に奪っているのだということを、どうか真剣に考えて欲しいです。大人になった動物よりも、子供の動物を飼いたいと思う人の方が、圧倒的に多いのが現状です。

また、素人繁殖に強く反対する理由は、他にもあります。

それは・・あまりにも無知であるということ。。

繁殖は責任を伴う行為です。増やしてしまってから、こんなはずではなかった、それは通りません。可愛い子うさぎに囲まれた生活を夢見ているのかも知れませんが、必ずしも楽しいことばかりではないのです。辛いコトだって沢山あります。アメリカのブリーダーさんの中には、売り物にならない子うさぎをお肉屋さんにおろす人もいますし、日本のブリーダーさんの中にも、売れない子や疾患のある子は、育たないように生まれてすぐに巣から取り除いて殺す人もいます(全員が全員ではありませんが、そういう見えない厳しさがあるのだというこを知って欲しくて書きました)。

ブリーダーさんのところだって、いつもいつも安産で、いつもいつも健康な子が生まれてきているワケではないのです。真面目なブリーダーさんは、沢山沢山勉強して、それでも失敗して、また挑戦して・・そんなことを繰り返して、血のにじむような努力をしています。犬や猫のブリーダーだって同じです。生半可な気持ちでは、ブリーディングは出来ないのです。もしも産ませようと決めたならば、真面目なブリーダー並みに勉強してください。そこに、「素人だから」という甘えは一切必要ありません。

新しい品種を作るでもないのに、気軽に異種交配をしてはダメですし、どんな軽度の疾患であっても、健康上問題のある個体は、繁殖に用いるべきではありません(例えば不正咬合等)。また、うさぎの繁殖適齢期はとても短いです。1歳をとっくに過ぎたうさぎに初産を強いるのは、どうかと思います。適齢期でさえ、安全にお産が出来る保障は無いのに、適齢期を外れてしまったら、それだけ危険性はあがります。だからやっぱり私は、うにちゃんに子供を生ませようとは思わなかった。うにちゃんが痛くて苦しい想いをするかも知れないと思ったら、そんな選択は出来なかったんです。

一度に何匹の子うさぎが生まれると思いますか?せいぜい2~3匹?多くても5~6匹?最悪、10匹生まれたらどうしますか?全員が全員、健康な状態で生まれてくると思いますか?先天的疾患があった場合、どうしますか?疾患のある子うさぎの介護に、とんでもない時間と手間とお金がかかるかも知れませんが、大丈夫ですか?先住うさぎがヤキモチを焼くかも知れません。ちゃんと考えてますか?生まれた子を里子に出す場合、きちんと里親を見つけることが出来ますか?もしも里親が見つからなかった場合に、自分で一生面倒を見ていくことが出来ますか?出来ないなら絶対に繁殖しないでください。ちょこっと考えただけでも、沢山の心配事が浮かんできます。実際に繁殖を考えている人は、もっともっと沢山の心配事があることでしょう。

極端な例えだと思われるかも知れませんが、絶対にあり得ない話ではありません。動物を捨てたり、些細な理由で簡単に手放したりする人の共通点は、考えが甘すぎることではないでしょうか。常に、もしもこうだったら、この先こんなことが起こるかも・・と想像することが出来ていたら、気軽に飼おうとも、飼った動物を簡単に手放そうとも思わないはずです。

不幸な動物を作るも減らすも、私たち一人一人の手に委ねられています。全体から見たら、たった一人、たかが一人かも知れません。でもどんなことだって、小さな力から始まって行くのです。

命を増やす繁殖という行為について、
今一度・・動物を愛する皆さまに考えて頂けたらと思います。


読んで頂きまして有難うございます。
また補足や訂正等するかも知れませんが、現時点での私の考えは上記の通りです。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

こんにちは。
私も自分のウサの子どもを見れたらなーと
思ったことがありました。
でも、繁殖しようとは思いません。
生まれてきた子ども全て面倒みることもできないし、
例え里親を見つけても、きちんと育ててくれるかずっとずっと不安だと思うし…
今、家にいるウサを可哀相だと思うことも
少しあるけど、その分愛情を持って
最後まで幸せにしてあげたいと思います。

最近雑誌のプレイボーイ(多分)の連載で松本☆志さんが、
ユキノスケくんの事件について書いていたようですね。
(まだ自分でちゃんと読んでいないのですが…)
その連載を読んで初めて事件を知った友人もいて、
そうやって芸能人の人が書いてくれて、事件を風化させないで、もっとたくさんの人が動物の命について真剣に考えてくれたらと思います。

★ From mai
2006.04.06.Thu / 12:40 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うさぎを保護して、飼い主を募集している人達をしると
自分が繁殖させようとしてその飼い主が見つけられるなら、今募集をかけている子達をもらってください
小さい頃からをどうしても知りたい人は、小さい子の募集もかけられています

と私も思います
こういうことは、たった1回のブログ書くのではなく何度も取り上げていくべきなのでしょうね

http://plaza.rakuten.co.jp/jijitae/diary/200602010000/
で書いてます
ここを見た方も覗いてくれるといいな

★ From Tae.T
2006.04.06.Thu / 13:18 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

☆maiさん
うんうん、誰しも一度はきっと思うことだと思います。だから「子供が欲しいな」って思うこと自体をイケナイ感情だというつもりは無いんです。でも、本当に本当に真剣に考えたら、そう簡単に産ませようなんて思わないだろうな・・って感じます。だって乗り越えなくてはいけないことが、山のようにありますから。。

里子に出してもずっとずっとちゃんと飼ってくれるのか、そういう不安は当然だと思いますよ。誰しも始めはちゃんと飼おうと思って、お迎えするはずだけど、それを持続できない人は思いのほか多いものです。子供が出来た、引越し、結婚するから、そういう理由で手放されるペットの多いこと多いこと。それを思うと、簡単に産ませて里子に出したりなんて、、やっぱり出来ないです。

ところで、プレイボーイ!!松ちゃんの記事が読みたくて、本屋さんを探してみたんですが、、見つけられませんでした。週間プレイボーイですよね。「怒り!」というタイトルで記事が載っているらしいですが・・。店員さんにプレイボーイはどこですか、の一言が言えず、昨日も本屋をウロウロして帰ってきました。今度こそは!!松ちゃん好きなんで、余計に読みたいです。

☆Tae.Tさん
そうですね。いろんな人が読んでくれるように、何度もしつこく書かないとかな~と私も思いました。とりあえず、左上のみてみてコーナーに、載せておきました。バナーも作らなくちゃ。

里親さんを探している子が沢山いるのに、ホントに増やしている場合じゃないですよね。ペットショップの人は動物好きな人?本当に好きなら増やして売っている場合じゃないと思いませんか?その裏側に、一体どれだけの犠牲があると思いますか?そういうシステムがあるおかげで、今日もどこかで不幸な動物達が生産されています。厳しいかもしれないけどやっぱり私は、繁殖にも、ペットショップでの命の売買にも反対です。

私は自分の家の子さえ良ければそれで良いとも思わないですし、そもそも「誰かがやってくれないかな」ってみんなが思っていたら何も変わっていかないですから、積極的に行動できる人間でありたいと思います。他力本願では不幸な命は減りません、絶対に。。

★ From まめ@管理人
2006.04.09.Sun / 11:58 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

出産・育児というのはとても大変ですよね。

私の弟は、出産時に主治医の分娩の判断で障害児になりました。その後、2年半入院し、なくなりました。
母は、出産時死ぬ直前だったそうです。

人間は一人でもたいへんなのです。
ワンちゃんやネコさん、ウサさんたちは多頭ですから、さぞうかし危険が伴うと思います。まめさんのおっしゃるとおりですね(-.-)

しかし、「出産」が命を懸けた一大事(偉大なパフォーマンス)だということは、人間も犬も猫も兎も同じなのですね。命の偉大さや不思議さに胸を打たれたり、感動を与えてくれるのも然りなのですよね。

私はきっとペットは増やさないと思いますが、自分は双子で生まれてきたので、兄弟の大切さを良く知っています。人間はできれば多頭出産したいvと思っていますvv-107

★ From みかえるのママの姉
2006.04.12.Wed / 15:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

みかえるのママの姉さん、こんにちは!
お返事遅くなってしまってすみませんでした。(>_<)

そうですよね・・出産ってやっぱり、考えれば考えるほど、とても大変なことですよね。。

でも、みかえるのママの姉さんの仰る通り、出産という行為は何事にも変え難い神秘と感動に満ちたものだと思います。他のものではきっと、その感動を学ぶことは出来ないでしょう。命の誕生はいつもいつでも、祝福されるべきだし、生まれてきたからにはみんな、幸せになる権利があると思います。だから、それをきちんと見届けることが出来ないならば、生ませてはいけないのだと、私は考えています。

みかえるのママさんも、お姉さんも、とても素敵なお二人で、そのお二人が双子ということがまた凄く素敵だな~と思います☆

★ From まめ@管理人
2006.05.17.Wed / 12:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

保護されているまめさんなら痛感されていると思います。「うちにさえ、こんなに助けを必要としてる子がいるのに、なんで子供がほしい、と繁殖させるのか」
って。

いしまっちゃんを保護していたときにそう思いました。いしまっちゃんよりもっとつらいこだって助けてっていってるのになあって歯がゆかったです。
みなさんがおっしゃられているように、人間でさえも命を失う大仕事で、治療法なんか人間よりもっと確立されてないのに、ほかの動物にさせるなんて恐ろしすぎます。
不幸な子が生まれないようにしたいです。生まれてもみんなで助けてあげられたらいいですね。

★ From 疾風のドライバー
2006.05.31.Wed / 14:45 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

生ませることを止める権利なんか、私には無いと知りつつも、
生まれた命を全て自分で面倒見る気持ちのない人間が
繁殖を行うっていうのは、本当に理解出来ないし、
やめてもらいたいです。

生まれた子供達が、ずっと幸せでいられる保証は・・?
子供が見たいって欲望を満たしたいがために繁殖して、
あとは人任せ?って思っちゃうんです。言い過ぎかなぁ・・。

自分で全員面倒を見る覚悟が無い人は、繁殖しないで欲しい。
結局そういう甘い考えのせいで、苦しい思いをするのは
いつだって動物達なんだもの。。

なんだかやりきれない気持ちにもなります。。
生まれてくる命も、生ませたいという気持ち自体も否定はしない
けれども、その前にもっとちゃんと真剣に考えて欲しいですよね。
みんながみんな、真剣に考えていたら、こんなに沢山の命が、
使い捨てにされているワケないんですから。。

★ From まめ@管理人
2006.06.06.Tue / 12:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

このコメントは管理者の承認待ちです

★ From 
2008.08.19.Tue / 23:05 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。