スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 STOP!!動物虐待  -  2006.03.21.Tue
先日の日記に書いた、中国の動物虐待問題について。

素晴らしい中国猫虐待まとめサイトを発見。このまとめサイトには、残酷な画像は一切使われていません。またリンク先についても、そのような画像がある場合は、きちんと注意書きがありますので、安心してご覧頂けるかと思います。ぜひ一度見てください。

このまとめサイトには、動物虐待ビデオに関するサンプル抗議文が、英語と中国語と、おいてあります。個人的には、中国語で送るのが望ましいかと思うのですが、日本のパソコンから中国語をそのままコピペで送信してしまうと、文字化けしてしまうので、メーラー設定等・・苦手な方は英文でも良いと思います。

このビデオは一部のマニア向けに作られたもので、日本からの購入者もいたとかいないとか・・。クラッシュ・ビデオと呼ぶのだそうです・・。いっそ自分をクラッシュしたら?と言いたくなりますが。

猫を踏み殺した役者《王 王玉》、そのビデオを撮影した《李躍動》の謝罪文の訳はこちらで読むことができます。とても反省しているとは思えない内容です。川原の近くで子猫を踏み殺すビデオ以外にも、沢山の惨殺ビデオがあり、他の出演女性達の身元や名前は、未だに不明です。

日本向けの販売サイトの宣伝文

真っ赤な靴が血でさらに赤く。メタルの鋭いヒールがネズミの背中に突き刺さる。モデルはまるで韓国式エステでもしてるかの様にハイヒールをネズミの背中に乗せる。重みに耐えきれなくなったそれは、最後の悲鳴と共に潰されていく。ネズミの顔が崩れるところがよく写った作品。(;´Д`)ハァハァ

バキバキと音を立てて潰れていく4匹のウサギ達。飛び出した目玉はヒールでえぐられ、ウサギ達は徐々に平たくなってゆく。○○のセクシーなハイヒールで残酷に踏みつぶされながら叫ぶウサギ達の悲鳴が、その生々しさをより一層引き立てる。(・∀・)イイ!!


これを読んで「欲しい」と思う人がいるのかと思うと、本当に身震いするほど恐いです。

世間の注目を浴びて喜ぶタイプの動物虐待とは異なり、このビデオの場合、一つの商売として成り立ってしまっています。これは非常に問題ですね。。作りたい人がいて、買いたい人がいて、虐待したい人がいて、そうしてビデオは作られていくワケです。大儲けとまでは行かなくても、動物を惨殺したビデオで、お金が動いてしまっている現実。。

このようなビデオは、動物虐待だけに留まらず、人間を標的にしたものもあると聞きます。スナッフ・ビデオです。文字で読んだだけでもトラウマになるような、惨たらしいものです・・(それが本物なのか偽物なのかというのはわかりませんが)。

動物虐待を《趣味》として認めるつもりは全くありませんが、そのような嗜好をを持つ人間も、広い世の中にはいます。悲しいことではあるけれども、そういう人間なのだから仕方が無い・・。こちらが直接出来ることは、何も無いと思います。動物虐待者がこれ以上増えないように、法で厳しく取り締まること(その為には声をあげることが大切です)。また、動物虐待者に動物を渡さないように、動物販売業者や新しい飼い主を探す側の人間には、より一層の慎重さが必要でしょう。

以前、毛皮の記事にTB下さった方のブログにあった言葉・・

僕らはこの現実から、目を背けることができる。
けど、彼らはその苦痛から逃げることは叶わない。


本当にその通りだと思います。

だから私は、どんなに辛くても、この現実から目を逸らしてはいけないと思う。何も残酷な画像やビデオを見て!!なんて言っているワケじゃなくて、こんな酷い出来事もあるんだってこと、その現実から目を逸らさないで欲しい。見なかったことに・・聞かなかったことにはしないで欲しいです。

言葉を持たない動物達を、その苦しみから救い出せる者がいるとすれば、それは私たち人間しかいません。苦しめるのも人間、助けるのも人間。

一人一人が出来ることはごく僅かだけど、きっと無駄じゃない、無駄にはしない。そんな気持ちが強くなりました。このビデオの為に犠牲になった沢山の動物達が、今は安らかであることを願ってやみません。そしてこれ以上の犠牲が出ないように、、自分に出来ることをしたいと思います。

(この件で、メールやコメントでアドバイス下さった方々、誠にありがとうございます!非常に参考になりました。コメント・メール共にお返事が遅れていて申し訳ないです。)
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。