スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 人は何処まで残酷に・・  -  2006.03.16.Thu
桃ふくろうさんのブログを読んで・・先日書いた、中国の子猫虐待と同じような虐待が、他にも沢山行われていることを知りました。。

こちらに画像の纏めがあります(中国語)。うさぎ、カエル、子犬をヒールのかかとで踏み殺している画像です。残酷・・というか非常にグロテスクなので、観覧は自己責任でお願いします。

気持ち悪いことに、動物を踏み殺している女たちは全員、終始笑顔なんです。もがき苦しむ動物を踏みつけて笑えるなんて、私にはどうしたって理解出来ません。何が楽しいのでしょうか・・?

「自分がされたら、どんな気持ちか」ということが、想像できないのでしょうか。それとも自分がされたら絶対嫌だし、苦しいに決まってるけど、それが自分でなければどうでも良い、それどころか、逆に楽しんでしまえるのでしょうか。苦しくて息も絶え絶えに抵抗する命を前に、人は笑えるのでしょうか。それは、どんな意味の笑顔なのでしょうか。流れる血を見て、彼女達は一体、何を想い、何を得たのでしょうか。

もしも叶うのなら、同じようにピンヒールでグリグリ踏んでやりたい。そうれでもしなければ、どれだけ痛くて苦しいか、きっとわからないと思う。けど、彼女達に動物の命を奪う権利が無いのと同等に、私にそんなことをする権利は無い。こんなことを考えてしまうなんて、私も同じように残酷だ・・。なんか、考えるほど嫌になる。実際にやるかやらないか、その程度の違いしかないのかも知れない。人の心には、多かれ少なかれ、残虐性はあるもので。自分で思うよりずっと、人は残酷かも知れない。けど、悪と見なしたものに対して、行き過ぎた制裁を加えてしまう正義ほど、怖いものはないと私は思います。何が正しくて、何が間違いなのか、わかるようなわからないような、わかりたいようなわかりたくないような、複雑な気持ちです。私が頭の中で思い浮かべている輪郭のぼやけた正しさは、本当に正しいのでしょうか。。色々な考えに触れる度に、ロウソクの炎が揺れるみたいに、私の頭の中身はグラグラと歪みます。うーん、またしてもいつもの如く、何が言いたいのか纏まらなくなってきてしまいました。。すみません。

どうしたら・・こんなふざけた行為をやめさせられるでしょうか・・。(中国には、このような行為を取り締まる法律が無いのだそうです。日本は遅れているとよく言われるけれど、アジアの中ではこれでもよく進んでいる方なのです。)途方に暮れていても何にもならないので、、中華人民共和国駐日本国大使館に意見を届けたいと思います。この虐待事件に、、同じように胸を痛めている方がいらっしゃいましたら、ぜひともご協力をお願いしたいです。一人でも多くの方の、《気持ち》を届けて欲しいです。どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

耐えられる自信がないので、映像等は見てません。
人間は誰でも残忍性を持っているとは思います。でも、自分より弱いものに対して、そこまでひどいことをして笑っていられる、ということが怖い。
ゆきのすけ君の命が奪われた事件もそうですが、彼らは病気に近いんだと思うんです。私たちが別の行為で(人によって違いますが)得る快感を彼らは卑劣な行為で得るんでしょう。

病気なんだろう、とおもいながらも、こういう人に対しては、同じことをしてやりたい、と私も思いますよ。
「あなたに命を奪われた動物が、そうしてくれって私に頼んだんだもの、悪いことしてるとは思わないわ、ふふふ♪」って。


★ From ヴィオラのママ
2006.03.16.Thu / 12:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

画像、見ました。
いつも、『見たくない』という気持ちと『見てあげなければいけない』という気持ちが葛藤して、やっぱり真実を見よう。という結論で見ることにしています。

・・・怒りと気持ち悪さで何を言っていいのかもわからなくなってしまいました。
あの女の気持ち悪い笑みはどういう理由なんだろう?理解に苦しむなんていうものじゃありません。

見た感じ、生きている物を虐待しているというよりも、既に殺してから虐待をしている様な感じがしますね。・・・という事は、もちろんその前になんらかの方法で死に至らしめているのでしょう・・・。命が消えてしまってからも尚、虐待を続け、しかもその映像をネット上にアップして、一体何が狙いなのでしょうか。

まめさんの怒りは当然だし、あの画像を見たら、私も同じ様に感じます。
同じ様にしてやりたい。あの苦しみを同じ様に味あわせてやりたい。
普通の感情ではないでしょうか?

私のブログの方にも内容をリンクさせてもらいたいと思います。

こういう事実がある事を多くの人に知ってもらう事で、少しずつ何かが変わるかもしれない事を期待して。

★ From ゆうこ
2006.03.16.Thu / 18:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

わたしは偶然にも中国語が翻訳できますが、、、お役に立てるでしょうか?
もし、よろしければ、翻訳・図書で法律のことなど文献をお調べしましょうか?
みかえるのママ

★ From かわの
2006.03.16.Thu / 22:00 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

こんにちは、いつもウサたちの日記楽しみにしています。
こんな人間が居る一方で、それに心を痛ませる人たちもちゃんといるんだ、って心強く思います。
私はその問題のサイトを見ていません、というか精神的に見れないので、他に出来る事は?とちょっと調べてみました。

アメリカの動物愛護団体PETAがこういった時の対処の方法を載せていましたので、抜粋します。

・動物虐待の映像を載せる事によって一部の人たちを怒らせる、そうすることによってサイトに訪れる人を増やすことが管理者の目的です。対処法はこのようなサイトへ行かないこと。
その代わり以下のことをして下さい。
 -サイトプロバイダーへ抗議・規制を求める。
 -ネット犯罪として取締り団体に通報する。

問題のサイトには広告などありましたか?
彼等は私たちに虐待している場面を色々な理由で「見せたい」。
ですから見れないことに罪悪感を持つ必要はありません。虐待されて殺されている動物のためにも、強い姿勢でガンガン抗議していきましょう!
国にそういった条例を作らせるには経済政策が一番効果的です。私はカナダ在住なので北米の取締り団体を調べてみたところ、アメリカとカナダ両方に政府のネット犯罪取締りサイトがあったので両方にメール通報してみようと思います。
他にはWHOとか調べてみるつもりです。アジア圏内にはないのかな?

中国は次のオリンピック開催に向けてそういった問題に世界が敏感になっているので、解決もしくは隠そうとするでしょうね。草の根レベルで出来る事は、中国商品をボイコットするとかかな?

とにかく、こんな奴らには負けないぞ!

★ From バニオ
2006.03.18.Sat / 19:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

☆ヴィオラのママさん
虐待だけでも恐ろしいのに、それをやりながら笑っていられるなんて、正気の沙汰とは思えませんね。。

やっぱり暴力って伝染すると思います。犠牲になった動物達の分・・と私だって代わりに仕返ししてやりたくなりますもの。。だけどそれではずっと暴力が連鎖していくばかりで、解決にはならないんですよね。どうしたら良いのか・・こういう問題を目の前にすると、自分は本当に何も出来ない人間だと思い知らされます。。でもでも、自分に何が出来るのか、これからもゆっくり考えて行きたいです。

☆ゆうこさん
既に殺してから、、というよりはある程度弱らせて・・という感じがしました。うさぎの写真、一部がブレていたのですが、これはうさぎが動いたから起きたものでは無いかと。。。

怒りでこういう感情を抱くのは、普通のことだと私も思います。けど私たちには理性がありますから、探し出して同じ目に遭わせてやろうとか、ホントに殺してやろうとかそんなことは思わないワケで。。それを深く考えもせずに、自分の欲望の赴くままにやってしまえるのが、動物虐待者なのでしょう。。殺人も同じですね。

リンク、ありがとうございます。世界はすぐには変わらないけれど、みんなで考えることで、ちょっずつ変わっていけると信じています。

☆かわのさん
なんと、中国語の翻訳がお出来になるとのこと!大変ありがたいお申し出にビックリ&嬉しいです。2ちゃんねるからのまとめサイトに、詳細が纏まっていたので、現在のところは大丈夫そうです。でももしも今後何かあった際には、頼ってしまうかも知れません(中国語出来る知人はいないので・・)。その時はどうぞ宜しくお願い致しますね。

☆バニオさん
初めまして!書き込みありがとうございます。

色々と具体的なアドバイスを頂き、すごく参考になりました。
ありがとうございます。

問題のサイトですが、私が事件を知った時には既に閉鎖されていて、虐待に関わった人間達も、今は謝罪文を公表するなどしているようで。。

インターネット上に載せた画像は、誰でも見られて、誰でも保存できるから、、今はその二次使用みたいなのも問題になっているようです。これはどうにも止める手がないので、それぞれのサーバーの管理を強化して頂くくらいしかありませんよね・・。

あと、中国にはこのような虐待&虐待を公開することに対して、特別、法律などで禁止もされていないそうなので、そういう方面で今後も中国に対して意見を届けて行きたいな・・と思いました。

私はこういう事件を見る度に、ずどーーーーーんと落ちて何も出来なくなってしまいがちなのですが、バニオさんのように冷静に具体的に、自分に出来ることを見つけようとする姿勢、すごく参考になりました。見習わせて頂きます!

★ From まめ@管理人
2006.04.09.Sun / 10:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。