スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 命が滲む時  -  2006.02.16.Thu
昨日から、うさぎ関連のブログには・・悲しいニュースの話題ばかり。学校のうさぎが殺された、それだけでも許しがたいのに、その方法は血の通った人間のやることなのかと、本当に信じられないし、悔しい気持ちでいっぱいです。

ウサギをサッカーボール代わり、少年3人がけり殺す

 東京都江東区の小学校で飼育されていたウサギを、サッカーボールに見立ててけり殺すなどしたとして、警視庁少年事件課と深川署は15日、同区の無職少年(18)を動物愛護法違反や建造物侵入などの疑いで逮捕、別の事件で逮捕されていた無職少年2人(いずれも18歳)を同容疑で追送検したと発表した。

 調べによると、3人は昨年5月8日午前5時ごろ、同区辰巳1の区立辰巳小学校に無断で侵入し、飼育小屋からウサギ1匹を勝手に持ち出した。その後、同区潮見1の公園でウサギを何回もけって殺し、同7時ごろ、近くの運河へ捨てた疑い。3人のうち2人は同小の卒業生だった。

 3人は、公園内で、すり鉢状になったローラースケート場にウサギを放し、駆け上がってきたところを、けっては突き落とす行為を繰り返したという。

 3人は、「サッカーボールのようにけっているうちに死んだので、見つからないように捨てた」と容疑を認めているという。

 別のバイク窃盗容疑で逮捕された仲間の無職少年(17)もその場にいたが、同小でウサギの飼育係だったため、涙ながらに仲間の行為を止めようとしたことから、動物愛護法違反での立件は見送られた。

 同課によると、ウサギは4歳くらいの雄で、「ゆきのすけ」と名前が付けられていたといい、同小の児童たちが行方を探していた。

(読売新聞) - 2月15日12時48分更新



逃げようと必死に這い上がってくるうさぎを、サッカーボールのように蹴り飛ばした時の気持ちは、どんなもんだった?どうやっても逃れる術など持っていない、弱い動物を痛めつけるのは、さぞかし楽しかったんだろう。気分が晴れたか?嫌なことから逃げられたような気がしたかい?この様な問題行動を起こす人間は、多かれ少なかれ心に「何か」があると思う。それは、自分たちが今まで虐められてきたことへの裏返しかも知れない。事件を起こした彼らの背景は何も知らないので、詳しくはわからないけど、まともな神経を持った人間でないことは確かだろう。本質的な善悪を問いたいんじゃなくて、誰が見てもわかるような「良いこと」「悪いこと」の区別が出来ていない。同情の余地は無いが、それでもどこか可哀相に思えてしまうな。

動物を虐待する人間に、「虐待しないで」と言ったところで、どれ程の効果があるでしょうか。

酷い少年と可哀相なうさぎにばかり目が行ってしまいがちだが、全国の小学校で飼育動物が殺される事件が相次いでいた中、誰でも容易に侵入出来る様な屋外での飼育を続けている学校に、全く責任が無かったと言えるだろうか。虐待する人間に「止めろ」と言っても無駄です。大切なものは、自分自身の力で守り抜くしかありません。それが出来ないのなら、動物を飼うべきではない。それは例え学校という場所であっても、同じだと思うし、そこに変な甘えや妥協は不要だと思っている。

今回の事件は、卒業生が母校のうさぎを殺したんです。学校で動物を飼うだけでは、何の情操教育にもならない。これは紛れも無い事実でしょう。

もう学校で動物を飼うのはやめませんか?予算やスペース、お世話の問題はもちろんのこと、今回のように虐待の餌食にされたり、悪いことばかりが目に付いてしまいます。ちゃんとお世話をして大切に飼っている学校もあるとは思います。でもそれ以上に、無防備で無関心で、いつ誰に殺されてもおかしくないような飼育小屋が多く存在するのも事実です。虐待する人間をゼロに出来たらいいんだけど、そんなことは現実的ではないし、だったら今出来る最大限の防御をしなくてはいけないんじゃないかと思います。

情操教育のために・・と飼育しているはずの動物が、ある日突然殺されていなくなったら・・子供達の心には大きな大きな傷が残るでしょう。何の為の情操教育なのか、これでは意味がわかりません。

学校で動物を飼育しなければならない絶対的な理由があるのでしょうか。学校の飼育動物が殺されるニュースは、もはや珍しいことではありません。思いやりの心を育て、責任を学ぶ為には、動物の世話をすることは確かに有効なことだと私は思っています。けれども、それが絶対だとは思いません。いい加減に世話をして、間違った認識を植えつけたり、虐殺されてしまうくらいなら、無いほうがよっぽど良いのではないでしょうか。

未然に防がなければ意味が無いんです。ゆきのすけ君の死をただ悲しむだけではなく、そこから前に進む為に、自分に出来ることは無いかな?って考えて欲しいです。何も大それた野望や願望を抱くのではなくて、無理をして何かを成し遂げるのでもなくて。ほんの少しの気持ちでも、沢山集まれば色々変わっていくと思うから。だからやっぱり、考えることが出来る人には、考えて欲しいと思うんです。私もちゃんと考えて考えて、ほんの少しずつでも出来ることをやって行きたいです。

ゆきのすけ君には、同じ人間として本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。本当にごめんなさい。もしも生まれ変わることがあるとしたら、この次は絶対に、幸せな命として生まれて来られますように。そしてその時はどうか、真っ直ぐな彼の瞳が、再び深い闇に襲われて曇ってしまうことがありませんように。。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

またか、と思ってしまうのは悲しいことだけど「またか」って感じです
こういうことが特別なことでなくよくあることになっていくのが何よりも恐いです・・・
まめさんのいうように少年達もかわいそうですね
もちろんうさぎが一番気の毒だけど・・・
学校のうさぎだったからこれだけニュースになったのでしょうね
これが野うさぎや捨てられたうさぎだったらニュースにすらならないかも?
そんな風に死んでいくうさぎもいるのでしょうね
ゆきのすけくんを探してくれた子供達、悲しんでくれる人がいたことが少しだけ救いでした・・・

★ From はせ
2006.02.17.Fri / 08:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ From 
2006.02.17.Fri / 14:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

まめさん、こんにちは。
私もあんまり悲しくてブログに取り上げてみました。許せませんね。
学校でうさぎを飼うと言う事は本当に意味があるのか、疑問に思ってました。今回は飼育係の子供達が、いなくなったゆきのすけくんを探したり、きちんと面倒を見ていたのでしょう。
でも、そうでない学校はたくさんありますよね。命を粗末に扱うような人間が、簡単に出入りできる環境に育てていること、学校にも責任はあるでしょうね。
本当に情操教育になってるんでしょうか?
私は自分の母校にうさぎがいたのか、いなかったのかも覚えていません。その頃は、今程うさぎに興味がなかったのが本音です。私みたいな人間もいるんです。意味はあるんでしょうか?
知り合いにうさぎを飼ってると言った時も、『うさぎって自分の子供食べるよね?』って言われて悲しくなったこともあります。
どんな理由があってももう、学校で飼ってほしくないのが本音です。
少年達の心について『彼らにも愛情を感じさせてあげられたら…』のように言われる方々もいらっしゃいますが、そこまでの優しさを与える必要はないと思います。もうゆきのすけくんはかえってこないんですから。
なんか甘すぎる気がします。

★ From su-fei
2006.02.17.Fri / 16:39 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

まめさん、こんばんわ。

会社で昼休みにそのニュースをみてなきそうになりました。帰って、意味もなくミカエルをなでなでして、どうしてあのうさぎさんがこうしてはいられないんだろう・・・と暗い気持ちでいっぱいでした。

学校のうさぎさんたち。
そうですね、まめさんのいうとおり、うさぎさんは本当に愛してくれる人たちだけに飼われたほうが幸せかと思います。
世話するのに、まず、うさぎさんの生活習慣を教え、体や病気のことを教える、、、そんな簡単なことをしている学校さえ少ないのでは、と自分の学校を思い返して感じます。
情操教育というより、学校側に「こんなもんでいいか」という気持ちがあるような気がします。加えて、先生たちの「無関心」「コトナカレ」主義。

むしろ、先生の中で「飼育係」を決めて、先生のその世話の様子をみた生徒に学んでほしい。愛する姿勢というのは、どういうものであるのかを。
多くの10代は、「なにかを育てる愛情」よりまだ、「自分が育つ」ことで精一杯です。
いつか彼らが動物(あるいは子供)を育てるときの見本を、大人である先生たちが見せてあげるのが本来の教育ではないでしょうか?

★ From かわの
2006.02.17.Fri / 22:15 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

まめさんはじめまして。
毎日ストーカーのようにブログを覗いていました。いろいろなことを知り、うさちゃんたちの生活に一喜一憂し、いつかご挨拶にコメントを投稿しようと思っていたのに、ようやく初めてコメントを投稿するのがこんなに悲しい事件に対してになってしまいました。
この事件は涙と怒りで体が爆発しそうです。申し訳ない発言ですが、こんなことをした少年たちを許すことができず、報復したいとすら思ってしまいます。
いつもいつも何もできない自分が歯がゆい。動物の死に触れることは子供たちの情操教育にいいと思っているのですが、このような死にふれることは人間と思えない悪意を見せ付けるだけで子供たちに何のプラスにもなら無いと思う。
本当に学校で小動物を飼うのをやめさせたい。そこまでいかなくても、小動物を飼う小学校には、先に担当教師に学習してもらって、動物の命を預かるだけの責任感を学んでから許可するようにして欲しい。
私に今できることはあるのだろうか本気で自問自答しています。

★ From もちの母
2006.02.17.Fri / 23:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うさぎさんは声を出せないから、余計にかわいそうに感じます。蹴り殺されたのが他の動物だったとしても許せませんが、特にうさぎ・・・牙もするどい爪もなく、声も持たない無抵抗なうさぎを・・・と思うと、涙が出ます。

わたしも学校で動物を飼育すること自体に賛成できません。子供の情操教育のためといっても、みなさんもコメントに書かれているとおり、それほど効果があるとは思えないし。
以前うさぎを飼っていたとき、会社の人に「うさぎってクサイでしょ?」と聞かれました。その方の出身校で飼育されていたウサギのイメージは「クサイ」という印象しか残っていないそうです。飼育当番が回ってくるのがイヤだったとか。そんな程度なんですよね。。。(別にその方が特別に冷たいというわけじゃありません。)
動物にも幸せに生きる権利があると思います。「教材」として扱われるのではなくて。どうせ飼われるのなら、愛情ある家庭で、家族の一員として飼われてほしいと思います。

★ From Kurampon
2006.02.18.Sat / 14:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

はじめまして。このような事件が起こるのは、私たちに大なり小なり攻撃性とういうものがあるからでしょうね。悲しいけれど、攻撃性の強い人はストレスがあると動物虐待などをしてしまうみたいです。養老孟司さんの本に、”犯罪をおかしやすい脳”があるとも書いてありました。ふつうの道徳教育だけでは、犯罪はなくならない・・。まず、学校でうさぎの安全対策をするように地域などで要請できたらと思います。

★ From ハナ
2006.02.18.Sat / 14:21 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

☆はせさん
ほんとに「また・・」とつい口にしてしまいますよね。。
ショックを受けつつもどこか慣れてきてしまっている自分も、かなり嫌です。。少年達を許すことは出来ないけど、こういう子供に育ててしまった親や大人たち、社会にだって全く責任が無いとは思いません。だからってこんなことして良いワケじゃないけど、、難しいですね。。

☆su-feiさん
私も、自分でうさぎを飼ってみるまでは、うさぎという動物のことを何一つ理解していませんでした。学校にうさぎがいて、飼育小屋を毎日楽しみに眺めていたのに、全く正しい認識が無かったんですよね。。だからホントに、学校にうさぎやその他の動物がいるのって、意味あるかな?っ手思います。

確かに少年達に過度の同情は不要だと思います。でも生まれながらの悪人っていないと思うんですよ。だから今後こういうことをする人間が育ってしまわない為にも、その原因や背景を追求するのは悪いことでは無いと私は考えています。

☆かわのさん
このような悲しいニュースのあとに、自分のうさぎに触れると、なんとも言えない気持ちになります。。

かわのさんの仰るとおり、子供達にお手本を見せられる先生や大人が少なすぎるのは問題ですよね。間違った知識で、間違った方法で接して、相手を思いやるどころか、それが虐待になってしまうことだってあるのに。なんていうか、簡単に考えすぎなんだと思います。犬や猫は無理だから、大人しいうさぎで。とかその程度の認識しかないかも知れません。

今後このような悲しい事件が起きないように、学校側にはきちんと対策をとってもらいたいものです。

☆もちの母さん
初めまして、書き込みありがとうございます♪
いつも見てくださっていたとのこと、本当に嬉しいです。(>_<)

私も、腹の奥底では、「こんな少年達、同じよう目にあって死んでしまえばいいのに」と思ってしまいます。でも、こういうマイナスの言葉って、同じ想いを共有している相手に対してでさえ、決して良いものでは無いと思うんです。憎しみは憎しみしか生まないんじゃないかな・・って。そう考えて、何でも穏やかに許すことが絶対だとは思わないのですが。。

でも、人を動かすのは、怒りや悲しみなどの強い感情だったりもしますよね。私も、もちさんのような情熱と冷静さを失わないように頑張ろうと思いました。

☆Kuramponさん
ホントに、動物達は教材じゃないのに、それを教材にしようとするから、上手くいかないことがありすぎるんじゃないかと思います。おはじきセットと違って、動物を飼いつづけるには、膨大な手間とお金がかかるものです。

学校飼育は、そのような部分をきちんと子供たちに教えられているでしょうか?算数の時間に、うさぎの餌代を計算してみては?実際に動物を飼うには、休みの日なんてありえないのに、学校が休みの日は、餌をまとめやりしたりして・・。なんかもう滅茶苦茶です。どうせ飼うのなら、正しい認識をもって欲しいです。それが出来ないなら、飼うべきではないですよね。

☆ハナさん
初めまして、書き込みありがとうございます。

確かに、人々の心の中には、多かれ少なかれ攻撃性があるものですよね。私もあると思います。相手が憎くて、殴ってしまおうかという衝動に駆られても、それをセーブ出来るかどうかの違いでしょうかね。

本当にもう、二度とこんな事件が起こって欲しくないです。その為に出来ること、引き続き考えていきたいと思います。


皆さん、沢山のコメントありがとうございました。とても勉強になりました!

・・・・レスが遅くなってしまって、本当にすみません。m(_ _)m

★ From まめ
2006.03.02.Thu / 12:43 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

まめさん  こんにちは(/^U^●)

私は岡山県の高校3年生です。この度は、国語表現の卒業論文で現代社会の問題について自分の気になるニュース・問題を取り上げて原稿3枚以上!!という課題がだせれていました。
私は小さい頃から動物が好きで、虐待をしている人がいることに疑問を抱いていました。なので、題はすぐに決まりました。そして、その資料を検索している最中にこのサイトにたどり着いて、読みいってしまいました。

もう読んでいる間は涙が止まりませんでした。

ウサギを蹴る!?

ありえない…。考えられない…。

動物(ペット)は動物(ペット)。
人間は人間。

それはおかしいことだと思います。人間を殺したりしたらかなり重い罰を受けるのに、動物を殺したり虐待して
も1年以下の懲役や100万円以下の罰金(虐待の場合は50万円以下の罰金)などかなり扱いが違いすぎるとは思いませんか??
私たちがこんなことを言ってもまめさんの言うとおり虐待する人はするんですよね。
虐待する人は何で虐待がしたいのでしょうか。
どんな気持ちで虐待しているのでしょうか。
寂しすぎる現状…
私たちが虐待する人に動物たちが近づかないように、また近づかれないように自分たちで守っていきましょう。動物が人間たちと同じように平和で楽しくのんびり暮らせるような世界になってほしいと心から思っております。

この度は、このサイトのおかげでとても勉強させてもらったことがたくさんあります。
たくさんの人がこのサイトを拝見して同じ気持ちになってくれる人が少しでも増えてくれたら幸いです。

まめさん本当にありがとうございました。






★ From コン
2007.01.16.Tue / 19:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。