スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 うさぎとハーブ  -  2006.01.25.Wed
何故だかわからないけれど、お腹が痛くてたまりません。昨日も少し痛かったんだけど、今朝起きたら物凄く痛くて、慌ててトイレに駆け込みました・・。

昨晩のご飯は、ワカメスープと焼きうどん。別にどちらも賞味期限以内だし、変な物を食べた記憶は無いのですが・・。腹痛に波があって、時々「うぎゃー!」と奇声を発しながらトイレにダッシュする危ない私です。元々、便秘知らず(その逆は多々あり)の腸の持ち主ゆえに、連日沢山食べたワカメがいけなかったのかな・・??とか思ったりもしてるんですが、本当のところはよくわかりません。明日までには良くなりますように。

お腹が痛いと、うさぎのうっ滞を思い出します。痛くてご飯が食べられないとか、ホント想像を絶する痛みなんだろうな・・と。私は腸にガスが溜まりやすい体質なので、あの身動きの取れない鼓腸感というのはよくわかります。空腹時に重たい食事を一気に食べた時なんかがなりやすいです。昔、カレーを食べて動けなくなったこともあったりして(汗)。うさぎの場合は、自分でマッサージをしたり出来ないから、余計に辛いだろうな・・と思います。

あ、そうそう、先日のうにちゃんの血液検査結果を記録しておかなくちゃ。

PCV・・・31%
TP・・・6.0g/dl
GLU・・・128mg/dl
BUN・・・11mg/dl
GPT・・・191IU/L
CPK・・・490IU/L

上記は1/17測定のもの。GPT(肝疾患)とCPK(炎症)の数値が物凄く高いです。かかりつけの動物病院でのGPT平均値は、10~20とされているので、3桁というのはかなり高い数値です。CPKの平均値は100なので、これもかなり高い。CPKに関しては、先日もうっ滞を起こしたので、腸の炎症と思われます。

うにちゃんは前回の入院時に血液検査を2回ほどしまして、そのうちの2回目のデータは妹が持っているので、私は見ていないのですが、GPTが400か500くらいで、CPKは1000を超えていたそうです。

昨年、うっ滞で入院した際に、うにちゃんはステロイドを使いました。ステロイドは即効性のある強力な薬ですが、その反動・副作用が大きく、使用に対して疑問視する声も多数あります。しかし先生の考えは、「今この状態を脱することが何より先決。後のことは後で考えればいい、とにかく今は命を助けることが最優先」ということでした。こうやって文字にするときつく感じるかも知れないけど、先生はとても丁寧に熱く語っていました。私もこの点については納得しています。このまま弱って消えてしまうかもしれない命を目の前にして、迷って躊躇うような余裕が無かったと言った方が正しいかも知れません。

うにちゃんは若い頃から、やや肝臓の数値が高めな子でしたが、今回の数値に関しては、ステロイドの副作用が出たと考えるのが自然でしょう。今でも十分数値は高いですが、少しずつ下がってはいるようなので、このまま良くなってくれるといいのですが。。

肝臓に良いことでおなじみのハーブといえば、ダンデライオン(セイヨウタンポポ)です。蛋白質やビタミン、カリウムが豊富。その他の栄養素も多数含まれており、生命活動に必要な栄養素のすべてが、完全に吸収できる状態で含まれている、非常に優れたハーブとされています。このダンデライオンの優れたところは、豊富な栄養を含みながらも、内蔵に負担をかけることなく、穏やかに作用するところです。

セイヨウタンポポは国内に帰化しており、春になれば容易に入手可能です(セイヨウタンポポがどれだかわからない場合や、キレイなタンポポが採取出来ない場合は、ハーブ専門店で購入されることをオススメします)。今は病院で貰ったお薬を飲んでもらっているので、ハーブを併用するのはどうかな・・と思うのですが、このお薬が終わったら、うにちゃんに試してみたいと思います。





↑ペットのためのハーブ大百科、かなりオススメです。ハーブについて真剣に学びたい人は、ぜひぜひというくらい本当にオススメ。分厚いのでお値段は高めですが、内容からしたら安すぎるくらいです。普通はこの手の専門書というのは、何万円もしたりしますし・・。一つ一つのハーブの効能や作用についても、写真入りでとても細かく丁寧に記載されています。何より私は、著者のペットに対する基本理念が、とても好きです。

ただし、犬や猫の例はチラホラ載っているけれど、うさぎとなると・・・殆ど症例が書かれていないので、うさぎに使用したい人は、プラスアルファで勉強していく必要があると思います。※基本的に、ハーブは薬草なので、素人判断で病気の動物に用いるのは危険な場合もあります。専門書を最低2~3冊くらい読まれてから使用してくださいね。

ナチュラル派の方や、ペットの治療にホメオパシーの利用を考えている人、ハーブについて学んでみたい人は、ぜひ一度読んでみてくださいね。しつこいけど、本当にオススメです。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ From 
2006.01.26.Thu / 05:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。