スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 復活!  -  2006.01.16.Mon
うにちゃんのこと、ご心配お掛けしてすみません。更新が無く「もしや・・」なんて思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、土曜日の朝にはうにちゃんはすっかり元気を取り戻していました。今もまだウンチが少なく、イビツだったりするんですけど、モリモリ食べているので快復へ向かっているものと思われます。

今回の原因は何だったのでしょうか・・?

寒さ?・・確かに外は寒かったけど、室内はそれほどまでの温度変化があったようには思えず。。

気圧?・・気圧計がないので何とも言えず。買わないとな・・。

で、一番の原因かも・・と思ったのは、剥きえん麦です。これはうにちゃんのおやつで、時々2~3粒あげたりしていたものなんですが、具合が悪くなる前日に、うにちゃんは一瞬だけ袋に顔を突っ込んで、直接えん麦を食べました。あの小さな粒を、一度に何粒口に含んだのかはわりませんが、いつもの量をはるかに超えていたのは事実ではないかと思います。

えん麦は、蛋白質、脂質、炭水化物、食物繊維、その他ビタミンが含まれている穀物ですが、うにちゃんがおやつにしていたのは《剥きえん麦》なので、ビタミン、食物繊維に関しては、剥いていないえん麦よりも遥かに少ないです。剥いてあるえん麦の主な成分は、脂質、炭水化物、蛋白質で、成長期や妊娠中の個体、カロリー消費の多い時期(例えば何らかの強いストレスに晒されている時期など)のうさぎに様子を見ながらあげる分には、さほど問題は無いと私は思います。←出来たら剥いていないえん麦をあげた方が良いと思います。って何故か市販のは剥いてある物ばかりなんですけどね。。

普通にお腹が健康な状態の子が、えん麦を少し多く食べたからと言って、すぐに体に異常が出てくるとはあまり考えられません(当然ながらこの考えが全ての子に当て嵌まるワケではないですし、楽観視は時として命取りになることもあり得ると私は思います)。しかしうにちゃんの場合は、過去に何度か大きなうっ滞を起こし、胃腸が通常の子に比べ弱っていたので、今回のような事態になったのではないかと私は思いました。もちろん、無理に与えないといけない食べ物ではないし、高カロリーなオヤツなので与えすぎては害が出て当然だと思います。

うにちゃんの部屋にあったおやつを、全て没収したのは言うまでもありません。ちょっと可哀相だけど、またお腹が痛くなる方がどう考えても可哀相なので。


記録



1/13 朝ごはんを食べようとしない。うにちゃんは、お腹が張って辛そうにしている。7時半頃、病院の薬を飲ませた。この写真は、昨夜から今朝7時くらいまでに出したウンチ。こうしてみるとイビツですが、以前の物に比べたら随分と良くなってきていたところでしたが・・。



9時頃、何も食べないでポカポカボードの上で蹲っている。ペレットの音をさせると、一瞬目を輝かせて反応するものの、食べる気力が無い様でした。

その後、ヘアボールレメディ&プロバックアダルト(共にホメオパシーの治療薬で、医薬品やサプリメントではありません)を数時間おきに飲ませ、時々マッサージをしました。水分補給にアクアライトを2倍に薄めた物を、気休めの栄養補給に野菜ジュースを飲ませました。あと、野菜で顔を軽く叩くのも忘れずに行いました(凄くゆっくり&少しずつだけど、こうしてあげると食べるので)。



1/14 0時頃、念願のウンチが出た。前回同様にゼリー状のものに包まれていますが、前回&前々回と比べるとその量は少ないです。これは快復が早かった為ではないかと思います。



ウンチを出して少し楽になったのか、自力で野菜を食べ始める。いつもはセロリが大好きなうにちゃんですが、この日は何故か春菊がお気に入りで、春菊ばかりを食べていました。



この日の夜までに出たウンチ。イビツですが、量や色艶もまずまずと言えます(健康な子がこんなウンチをしたら大変です。これはあくまでも回復中のうにちゃんに限ってのお話ですので)。



鼻に野菜ジュースがついているうにちゃん。野菜を貰ってにんまり、元気一杯です。

今回は、病院の薬は13日の朝に一度飲ませただけで、あとはレメディを飲ませていました。夜までに良くならなければまた飲ませるつもりだったけど、それをせずに快復したので良かったです。薬はやっぱり薬なので、必要最小限に留めるのが理想なのではないかと思います。薬に頼りすぎると、本来の治癒力が弱ってしまったり、耐性が出来て薬が効かなくなることも珍しいことではないですし。これからも我が家のうさぎ達が健康で、痛い思いや苦しい思いをする時間を少しでも減らせるように、、ホメオパシーについてもっとちゃんと学んで行きたいななんて思うこの頃です。

何はともあれ、うにちゃんは元気です!
元気になってくれてありがとう!!








らむぽさんも相変わらずです。(^-^;
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪
COM(10) / トラックバック(-) / PAGE TOP△

うにちゃん、よかったですね。
えん麦かあ、否定できないですね。
わたしはこわくてあげてない。大丈夫かもしれないんだけど。
最低限の薬、そうですね。ついつい心配で過剰になりがちですが、本人の自然治癒力もありますもんね。。。

★ From うめはら
2006.01.16.Mon / 12:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

こんにちは~♪うにちゃんひどくならなくて良かったですね!朝から調子が悪いと心臓が止まりそうになりますよね。仕事を休む理由も正直に言えないし…。
うさぎと暮らしてる方ってみなさんそういうときどうしてるのでしょう??

★ From su-fei
2006.01.16.Mon / 16:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うにちゃん復活良かった良かった。
兎は何も言わないの生き物なので、具合が悪そうだとホント可哀想ですよね。

やっぱりお八つは要注意ですか!
うちの みけぼ も数日前、妙ーに小さい●をちょっとだけしかしなかった時があり、以来、毎日ちょっとずつあげていたリンゴ(の皮)は禁止となりました。幸い今日は●●●沢山してたのでホッとしたけど、様子が変だと全く気が気じゃないですね(まあうちのは●が変なだけで本人元気だったんですが)。

★ From katriona
2006.01.16.Mon / 23:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うにちゃん、安定して…よかったですね。私の実家にも似たような症状の子がいるからホント人事ではないような( ´ー`)うちも穀物系をやると●に異変が…。うさぎさんは病気を隠すというから常に気が抜けません(・ω・;)うにちゃん、お大事にね!

★ From バニまむ
2006.01.19.Thu / 03:05 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

わたしの飼っていたうさぎは、かなり体が丈夫だったようなので、参考にならないかも?ですが。。。
うちはペレットをあげすぎると、ウンチの状態が悪くなって、乾燥した牧草をたくさんあげると健康的なウンチに戻ってましたよ。
うにちゃん、牧草は食べてますか?

★ From Kurampon
2006.01.23.Mon / 11:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

前にBrandyさんのところに書き込みをされていたのを見て、今日はじめてコメントを書いてみました。

ジリスです♪

我が家のハムスターも現在調子が悪くて病院通いなのですが、やっぱりペットがモリモリご飯食べてくれて、健康なウンチをしてくれる時が一番嬉しいですよね。

うにちゃんが元気になってくれてよかったー。

まめさんのところではホメオパシーも使われているとのことですが、いかがですか?私もハムちゃんに使ってみたいけれど、どんなものかよくわかってません。

またよかったら今度教えてくださいネ☆

★ From ジリス
2006.01.23.Mon / 22:33 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

はぅ・・・良かったです
まだまだ、ウンチは健康でないけどこれからひとまずは安心できますね(^^)

★ From TAE
2006.01.24.Tue / 02:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

ホントに遅レス過ぎてすみません。(;´∀`)

☆うめはらさん
えん麦、わざわざどうしても食べないといけない食べ物ではないので、お腹の弱い子には特に与える理由もないかなーと思いました。ペレットもどうやらうにちゃんのお腹にはダメみたいなんですけど・・。私もついつい、心配で薬とかすぐあげてしまうんですけど、西洋医学の薬は、病気を治すものではなく、症状を抑えることに重点を置いたものなので、本人の治癒力を邪魔しない程度に注意して使用しなくちゃなと思います。

☆su-feiさん
そうなんですよね・・。私は正直に言ったことないです。自分が具合悪いことにしていまいます(その方が楽なので・・)。例えば親や子供が具合悪いと言ったら、すんなり通るとは思うんですが、それが動物となると難しいですよね。同じように動物として暮らしている人じゃないと、なかなか理解されないものなんだ、と私は諦めています。(^-^;

☆katrionaさん
雪うさぎの写真、有難うございました☆幸せそうなみけぼちゃんに和みましたよ~。

りんごはうさぎにあげる果物の中では、繊維も多いし、他の果物(バナナやパパイヤ)ほど甘くはないし、比較的良い果物になるのかな~と個人的には思っています。でも果糖が含まれている以上は、それがお腹に負担となることもあるので、やっぱり日々注意して見守る必要がありますよね。ちなみに一度にあげる果物の量は、小指のツメくらい。ほんのちょびっとなので少し可哀相だったりもするんですが、オヤツはあくまでもオヤツ!と心を鬼に・・(笑)。みけぼちゃん、これからもいい●沢山してね!

☆バニまむさん
病気を隠す<ホントにこれは要注意ですよね。具合が悪そうに見えるのは、うさぎ的には相当具合が悪いというサインですし・・。今ある穀物は、うにちゃん以外の若い子達にちょびちょびと消費してもらっているのですが(エンジェル達は以前の食生活が関係しているのか、穀物に対しては、すこぶる強いお腹を持っている・・と感じます。)、今のストックが無くなったら、当分買わないと思います。うに、早く良くなれーー。

☆Kuramponさん
ご心配ありがとうございます。うにちゃん、牧草と野菜を中心とした食生活なので、繊維質は結構取っているように思います。でも、ほんの少しでもペレットを食べるとお腹の調子が良くないようなので、先日からペレットは一切あげないようにしています。栄養は野菜から、繊維は牧草からという感じで、ようやく調子が良くなり始めてきたような・・というところです。早くコロコロウンチがでるようになると良いのですが・・。

全然関係ないのですが、Kuramponさんの日記で紹介されていた「日進マヨドレ」を昨日見つけて、嬉しくなって買ってしまいました。まだ味はみてないのですが、密かな楽しみです☆

☆ジリスさん
初めまして、書き込み有難うございます♪
ジリスさんちのハムちゃん、可愛いですね。記事も非常に興味深いです。また後でゆっくり遊びに行きますね。

ホメオパシー、私も最近始めたばかりで、知識は全然スッカラカンなんです(汗)。本を読みながら、うさぎに使ってみながら、必死に勉強しているところです。ホメオパシーは奥が深いので、専門書を何冊か読んでみた方が理解しやすいかな?と思います。

《ペットのためのハーブ大百科》という本は、今出ているペット向けのホメオパシー本の中でもかなりオススメです。犬猫をメインに、動物全般に向けて書かれた内容なので、うさぎやハムちゃんへの実践例はさほど多く載っていないのですが、基本的な考え方やハーブ辞典としては、かなり役立ちます。大きな書店には置いてあると思うので、よかったら立ち読みしてみてくださいね♪

☆TAEさん
有難うございます♪そうですね、とりあえずは家を空けても大丈夫な状態まで快復してくれたので、本当に良かったです。

そうそう、TAEさんのブログに載っていた毛皮反対バッチ、私ぜひぜひ買いたいです。←ここに書くなよって感じですが、忘れるといけないので。(;・∀・) 後ほどメールさせて頂きますね♪

★ From まめ
2006.01.24.Tue / 13:03 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

お待ちしてまっせ!(^^)
バッチお願いします
急がなくても暫くやるつもりなので大丈夫ですよー(^^)

★ From TAE
2006.01.25.Wed / 12:44 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

TAEさん、先ほどメールをお送りいたしました。無事に届いていますように・・。(-人-)

お手数お掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致しますね♪

★ From まめ
2006.01.25.Wed / 23:27 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。