スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 劣悪ペットショップのその後  -  2005.12.07.Wed
以前ブログに書いた、中野区のペットショップについて。

中野区の保健所が担当かと思い、e-mailで問い合わせをしましたが、東京都の場合、対応は《東京都動物愛護相談センター》になるとのことで、、愛護センター宛に再度メールを送りました。

愛護センターからの返信は、当センターで、監視指導を行っているので、詳しい場所などを教えて欲しいと言った内容でした(始めのメールでは店舗名など、詳細は書かずにメールをしたので)。店舗名や、最も改善してもらいたい問題点(とにかく店内が汚すぎる!)を書いて、メールを送りました。

暫く待てど返信は無く、年末だし職員の方も忙しいのだろうか・・と思っていたら、本日、東京都動物愛護センターより返信を頂きました。12月1日に既に立ち入りを行っており、指摘のあった店内の清掃面等について、「東京都動物の愛護及び管理に関する条例」に基づく基準等に照らして不適切と判断したものについては、速やかに改善するよう営業者に指導を行ったとのことです。また、この店舗については、定期的に監視・指導を行っていくとのことです。

私が何よりも改善して欲しかったのは、とにかく不衛生にも程がある、店内の衛生管理でした。欲を言えば、もっともっと改善すべき点はあるのですが、基本的な管理が出来ていない店主に対して、牧草をあげて欲しいとか、ケージをもっと広いものに・・とか言っても、きっと話が通じないと思うのです。。なので、衛生管理をもっとしっかり行うように指導して欲しい・・と言うことを強く書いたメールを送っていました。頂いた返信にもあった通り、条例に照らし合わせて指導を行っているようですし、現在の条例に細かく書かれていないことは、いくら良くないと思うことであっても、強く指導を行うことは出来ないのではないかと思います。・・悪質な業者を厳しく取り締まることが出来るように、愛護法の改正を切に願います。

愛護センターからのメールに、具体的にどの点を指導した等ということは書かれていなかったので、実際どこまで改善がされているのかわかりません。これは自分の目で見て、確かめてくるしか無いのでしょう。年内にはもう一度、視察に出掛けたいと思っています。

一回の指導で劇的に良くなることはあまり期待しておらず、ゆっくりでもいいから少しずつ改善していけたら・・と思っています。東京都動物愛護相談センターの職員さん、思っていたよりも素早く対応してくださったことに驚きました。有難うございます。

動物達のストレスを減らす環境作り、販売までの適正飼育・・これは、買う人にとっても売る人にとっても、良いことだと思います。誰だって不良品(※)を買いたいとは思わないし、余計なクレームに対応したくもないですからね。。次回の視察が、少し楽しみです。

※不良品という言葉は、劣悪ペットショップで売られている動物に対して使っています(買った時から病気持ち、既に弱っている等)。適切な言葉ではありませんが、命を商売にするということは綺麗事ではないと私は思っているので、この言葉を使いました。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。