スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 うにちゃんのうっ滞  -  2005.11.29.Tue
ご心配おかけしましてすみません。うにちゃん、ようやく元気になりました。一応の記録として、うにちゃんの様子を書き残しておきます。健康なコロコロではないウンチの写真が沢山出てくるので、お食事中の方や、そういうのが苦手な方は注意してくださいね。


11/26 午前0時過ぎ。
うにちゃんがペレットを少し残しているのを発見。表情もお腹が痛い顔になっていたので、病院で貰った頓服を飲ませてお腹をマッサージ。



ガスがパンパン!という程ではないものの、少し溜まっている感触が有り、うにちゃんは痛そうな顔。

室温を25℃に設定。ひたすらうにちゃんを暖める。Lueさんに頂いたレメディ(ProBac Adult、Rabbit Vita Pak、Systemajuv、Colloidal Silver、Hairball L)を飲ませ、以前のうっ滞時にシッポぷうのママさんから頂いたマイナスイオン水も飲ませる。←本来は薄めて使用するものみたいですが、お腹の弱いサンちゃんは様子を見ながら10mlくらい飲ませているとのことだったので、うにちゃんにもそのまま与えました。

時々セロリの葉っぱを齧ってはみるものの、お腹が痛くて沢山は食べられず、、脱水が心配なのでこまめに野菜ジュースを与えていました。

11/26 朝。
相変わらずウンチは出ている様子が無く(後に床に沢山敷いていた牧草を掻き分けたら、10粒くらい落ちていたのですが)、再びレメディー全種と野菜ジュース、病院のお薬を飲ませてマッサージ。時間の経過と共にガスが溜まっている。前回同様、目で見てわかるほどです。

「病院へ行った方がいいんじゃないの・・?」と妹に聞いてみるも、「うにちゃんは病院にいたらストレスになる。。もう1日だけ様子を見たい」と言うので、それは任せることにしました。(今回は、これが良い結果となりましたが。何かあったら「すぐ病院!」というのは基本ではあるものの、その時のうさぎの様子をしっかりと見つめ、柔軟に対応することも大切なんだと思います。ただ、対処法やどこが悪くて元気が無いのか判断が出来ない場合は、すぐに病院へ行くことをオススメします。)

11/26 お昼前。
やっぱりウンチもしない、ご飯も殆ど食べないうにちゃん。・・シリンジのゴムがダメになってしまっていたので、うにちゃんは妹に任せ、私はシリンジを買いに出掛ける。その間、妹は、Hairball Lと野菜ジュースを2時間おきに飲ませる。



11/26 夜。
帰宅するとうにちゃんは、マッサージの最中。ケージに戻すとすぐにトイレに行き、上半身を糸で吊られ引っ張られているかのように、前足をあげて・・何度も痙攣のような仕草を繰り返す。見たこともない動きに、「もしかしてもうダメなのか・・」と思ってしまいました。

再び妹が膝にうにちゃんを乗せて、ナデナデをする。二人とも暫く沈黙・・。

「ちょっとお腹触らして」とうにちゃんのお腹の下に手を入れてみると、何やら生暖かい物が・・



大量のゼリーに包まれたウンチが一粒。先ほどの痙攣のような仕草は、うにちゃんがウンチを一生懸命に踏ん張っている姿だったのです。



ケージに戻すと何かを思い出したように、お尻に口をつけては、イビツなウンチを次々に出していきました。かなりイビツ・・です。でもこれだけ出して、うにちゃん自身もかなり楽になったのでしょう。少しずつ大好きなセロリを食べ始めました。

ウンチは出たけれど、念のためもう一度、病院のお薬やレメディ、野菜ジュースなどを飲ませて、この日は就寝しました。

11/27 朝。
うにちゃんの様子を見に行くと、いつもの元気なうにちゃんがいました。「あたしはお腹が空いているのよー!!早くご飯をよこしなさいよ!!」と言わんばかり。早速、朝の野菜をあげると、ショリショリと元気に食べてくれました。



朝までに出たウンチ。やっぱりまだイビツ。だけどしっかり出ています。



レメディをミックスしたジュースも、自ら進んで飲むほどに快復。まだ全快というワケではないので、暫くペレットは控えます。野菜が大好きなうにちゃんですが、「いつものヤツ、まだ貰っていないわよ!!」と必死にアピールをしてくるので、少し可哀相ではあるのですが・・。



今回かなりお世話になったレメディー達、そして野菜ジュース。こういう時の使い方をLueさんに聞こうと思ったら、Lueさんの方から心配してメールを下さって、本当に助かりました。ありがとうございます!!



シリンジを買いに出かけたついでに買ってきた、うさぎのお守り。小さいです、ヒヨコマメくらい。緑が健康運で、黒が厄除け。今回、色々なことをうにちゃんに試したので、結局どれが一番効果があったのかはわかりません。うにちゃんがリラックス出来るように・・とラベンダーの精油を炊いたりもしました。ケージにかけていた布は、真っ赤なストールに替えました。色は目で見る以上に、強い力を持っている・・と私は思っています(変かな)。

今回、うにちゃんは全く食べないワケではなかったので、強制給餌は行わずに、数時間おきに、野菜で顔を軽く叩くようにしていました。こうすると「ウザイ!!」と思うのか、野菜に噛み付いてきます。そして勢い余って?なのか、食べ始めることが多いです(反撃するほどの元気が無い場合、ストレスになってしまうこともあるので、あまりしつこくはしないでくださいね)。

獣医さんが見たらきっと、プリンペランetcの薬が効いたと考えるのだろうけど、私はどれも効果があったんだと思う。それと前向きに応援する気持ち。言葉を話せない分だけ、動物は敏感。本当にそう思います。

うにちゃんは元々お腹の強い子で、換毛期にプチうっ滞を起こすことは過去にもあったけれども、どれも数時間で快復してしまうような軽度のものでした。それが2ヶ月前のうっ滞を境に、なんだかウンチの状態も安定しないまま、また具合が悪くなってしまったのです。

6歳を超えて、もしかして年齢的なものも関係しているのかも知れません。歳をとるということは、同時に免疫力も少しずつ低下していきます。つまり、「今までは大丈夫だったのに」という経験上の思い込みが通用しなくなってきます。

思い当たることが一つあります。

それは部屋の温度管理です。ここ数日、日中はポカポカと暖かい日が続いていたので、昼間はエアコンをオフにしていました。寒くなるまでにオンに出来れば問題はないのかも知れませんが、いつも夜になって「あ、寒いな」と思ってからスイッチを入れていたんです。室内とはいえ、夜はかなり冷え込みます。特別、ヒーターなども入れていなかったので、寒さが身にこたえたのでは無いかと思うのです。

うさぎは寒さに強い・・この言葉が正しいのか間違いなのか、私にはよくわかりません。ただ言えることは、寒さに弱い子もいれば、強い子もいるということです。過保護が必ずしも良いことだとは思いませんが、その子その子にあった食事や環境の管理を行うことが、何よりも大切なんだと思います。

「うさぎとは」なんて一言で言えるほど、うさぎと暮らすことは簡単じゃないよな・・と改めて思ったのでした。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

うにちゃん、元気になってくれたんですね~~!ほんっとうによかったです!!
お薬もレメディもそれぞれ効果を見せてくれたのだと思うし、何よりもまめさんと妹さんの、うにちゃんに対する愛情と応援する気持ちの大きさが、うにちゃんにもしっかり通じてくれたんだと思います。
うにちゃんが元気になってくれて本当に本当によかった!!
がぶちゃんとせらちゃんの事、それに続きぱふ君の手術にうにちゃんのうっ滞と、まめさんの気が休まる事がなかったのではないでしょうか?
今はみんなの状態がそれぞれ落ち着いてくれていると思うので、どうかまめさん、体と心を出来る限りゆっくり休めてくださいね。
みんなであったかくして、元気な日々をお過ごしくださいね!!

★ From Lue
2005.11.29.Tue / 09:32 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うわーうにちゃん復活おめでとうです!!
すごいうんちですねえ。でも形がいびつな割には大きいし、量もたくさんだ~
これだけ出ちゃえば安心安心w
前回もそうでしたが、うにちゃんやる気になってからは頼もしいですね!

ところで、まめさんちのラビッツはみんなシリンジ好きですね。普段からシリンジでオヤツあげているんですか?
みんなシリンジまで食べちゃいそうな勢い!
うちはシリンジでオヤツはちょっと練習した事あるんですが、結局自分からは咥えてくれませんでした。。。
ま。口に入れちゃえば飲んでくれるんで不安はないんですけど、こんなに楽に投薬できるなんてうらやましいです~!

★ From tanaka
2005.11.29.Tue / 20:23 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うにちゃん元気になって安心しました!
ほんと良かった!!うちはまだ大きな病気とかしたことないので、正直かなりびっくりしました。勉強にもなりました。
(のんきなこと言ってごめんなさい。)
うちのスパイクはお腹は弱くはないのかもしれませんが、今までに2回ほど動きが止まったことがあります。季節の変わり目で急に寒くなったせいなのですが、その時はお腹が痛いようでうずくまっていました。夜中で病院にも連れて行けず、とにかくからだを暖めていたんですが、ご飯を食べだすまでに6時間かかりました。スパイクも病院に行くとストレスでうんちがでなくなるので、結局は元気になったので行かなかったんですが、やっぱり病院には抵抗あります。(うさぎに詳しい先生いないし…。)
長々となりましたが、何が言いたいかと言うと『スパイクもうっ滞だったかも?』いつも急病になったらどうしたらいいのか分からないので、今回の記事でこんな風な方法もあるんだと勉強になりました。
うんちの様子も、かなりびっくりでしたがもしうちの子がなった時の心構えにもなりました。

何よりうにちゃんが大事にいたらず元気になってよかったです!!
本当にまめさんと妹さんの思いが伝わったんだと思います!

★ From su-fei
2005.11.30.Wed / 03:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

うにちゃん、良くなって良かったです!
たくさん自分で引っ張り出したんですね。
出るまで大変だったけど、ほんとによかった。
レメデイ使われてるんですね。
フラワーレメデイは自分が使ってるんですが、このレメデイはうさぎ用のですよね。かなり関心。

★ From うめはら
2005.11.30.Wed / 22:19 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

☆Lueさん
本当に色々と有難うございます!(>_<)
うにちゃんが元気になってくれて、私もホッと一安心です。教えていただいたことを参考に、レメディも欠かさず飲ませています(そして私も飲んでいます^-^;)。このまま何事も無く、元気なうにちゃんでいてくれますように。

確かに・・このところなんだかバタバタとしてしまったのですが、全員纏めてうっ滞・・なんてことにならないだけまだ幸せかも知れないです。本当にそんなことがあったら、私の方がショック死してしまうかも・・。動物も人間も、健康は宝ですよね。

☆tanakaさん
そうなんです!うにちゃんはやる気になると凄いんです。(・∀・)
ウチはシリンジでオヤツはあげていないんですよ。だから元々が食いしん坊か、そうでないかによるのかな?と勝手に思ってみているんですが。。シリンジから飲みたがらない子は、ぷらむとぴーたん。食べ物への警戒心が強い子なので、シリンジが嫌なのかなー?とか。うにちゃんは子供の頃、コクシジウムのお薬を飲まされて以来、シリンジが大嫌いだったはずなんですが、いつの間にか飲めるようになりました。これも食いしん坊故・・?(汗)

☆su-feiさん
有難うございます。ちょっとグロイうんちもあったりで、載せるのを躊躇ったんですが、これも何かの役に立てば・・と思って。。でも出来ればこういう闘病の記録が参考になる日は、、来ないで欲しいですよね・・。
病院に行くべきタイミングで連れて行けずに、亡くなってしまう事は多いと聞くけれど、逆に快復しかけているのに何度も病院へ連れて行って、快復を遅らせてしまうケースもやっぱりあるんじゃないかと感じます。素人治療を推進するつもりは全く無いのですが、うさぎさんの様子を見て、臨機応変に対応出来るのが、うさぎさんにも飼い主さんにも良いのかなーと思います。毎日よく見て触って、当たり前の出来事の積み重ねを、大事にしなくちゃですよね♪

☆うめはらさん
まだウンチはイビツな状態なんですが、少しずつうにちゃんは良くなっています。毎日よく食べるし、よく遊ぶし、元気いっぱいです☆
うめはらさんご自身も、レメディを使われているんですね~。私はうさ用レメディを頂いたのをきっかけに、すっかりレメディーの虜・・です。植物の力って凄いですよね。植物の力、人間や動物の持っている力は本当に未知数で魅力的です。自分なりにもっと勉強してみようと思う、今日この頃です。

★ From まめ
2005.12.02.Fri / 01:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。