スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 盲目的正義感  -  2005.10.01.Sat
人間は、ある意見をそうだと思いこむと
すべての事がらをその意見にあわせ、
その意見が正当であると主張するのに
都合がいいように寄せ集めるものである

フランシス・ベーコン(芸術家)


真っ直ぐに目的を見失わずに、前だけ見て生きていけたらどれだけ良いだろうか・・。感情ぐるぐる。ネガティブな感情が沸き起こっては、こんなんじゃイケナイと思いつつも自己嫌悪。自分に都合の良い声を寄せ集めるのではなく、どんな声にもまずは耳を傾けられるような、柔軟な人間でありたいと思う。なかなか難しいけれども。世界は広く、人生は長い。自分が正しいかどうかなんて、本質的にはどうでも良いことで、正しさの証明探しに何の意味があるのだろう。私はそんなもの、いくら見つけても、虚しいだけに思う。結局は全て、自分の気持ち次第。幸せか不幸せかの判断も、気持ち一つで大きく揺れる。

住むところがあって、ご飯が食べられて、可愛いうさぎに囲まれて。私は幸せ者だなぁ。後ろ向きな感情に、縛られている場合じゃないですね。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

チャララランラ~ン♪
と、恋のから騒ぎのオープニングが、頭の中に流れた私をお許しください。

まめさんの誠実な姿勢には、いつも頭が下がります。
悩みながらも、前に進んでいけたら素敵ですね。でも心に傷のない人間は、他人の痛みに鈍感だとも言うから、そういう自分でも、ポジティブに受け入れられるようになれる日がくると良いよね。本当にそう思います。

★ From みー
2005.10.02.Sun / 10:44 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

Out on the wiley, windy moors
We'd roll and fall in green♪ですね。

そうですね。悩んだり立ち止まったりするのは、誰しもあることで、そこからまた前を見て進んでいけるかどうかに、その人の強さが現れるのだと思います。心に傷の無い人はいないような気もするのだけど、それでも他人を思いやれなかったりするのは、傷の有無よりももっと別のところに問題があるのかな・・なんて思いました。

ちょっとずつ、私も前向きになりたいです。生きていれば良いことあるさ(´ー`)って感じで(笑)。

★ From まめ
2005.10.02.Sun / 16:20 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

へ~、こんな素敵な歌詞だったんですね。あなたとふたり、どこまでも落ちていって・・・なんて☆やっぱりこれは、愛の歌なのですね。
「嵐が丘」とか、ブロンテ姉妹の作品を思い出しました。イギリスの女流作家の書くお話、大好きなんですよー。

心の傷について。なるほど・・・まめさんの書いている事、その通りかもしれないです。
年齢を重ねた分、経験も豊富なのだと言い切る人もいるけれど、その人を尊敬できるかどうかに、年齢って関係ないのだなって、最近つくづく感じるような事がありました。

★ From みー
2005.10.02.Sun / 17:04 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

歌詞もあれですが、ケイトブッシュの歌声に乗せると、尚更ステキ~な歌に聞こえますよね♪

年齢ってあくまでも目安でしかないですよね。何年生きたから、立派だとかそういうのは、誰にも当てはまらないですし。大人の年齢になったからって、皆が皆、大人になったワケじゃないっていうのは、自分を見ていてもつくづく感じます。(^▽^;

★ From まめ
2005.10.03.Mon / 23:01 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

意味がわかったかも・・・・・
心に響いた・・・・(気のせい?

★ From 疾風のドライバー
2006.05.24.Wed / 15:17 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。