スポンサーサイト  -  --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ←ポチッと応援お願いします♪
コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 つんちゃん、退院できず…  -  2005.08.13.Sat
つんちゃんを迎えに行きましたが、一人電車に乗っています。。

食欲は全くなく、歯をゴリゴリして辛そうでした。鼻からカテーテルを入れて、胃の内容物を吸い出すのを2回してくださったようで、少しは楽になっているのではとのことでした。体温は昨日と比べ、一度上がっているようです。昨日は、プリンペランetcを点滴してもらったけど、胃は動いてくれません。

先生の考えでは、極力、内科的な処置で回復を待ちたいとのこと。それは私も同じです。でもこれ以上は…という状態になった時には、胃切開も考えておいてくださいと言われました。

胃切開はうさぎにとってはかなりの負担。それをする以外に方法がないとなった時に、私はどうしたら良いのだろう。お金より何より、それをしても助からなかったら…?痛い想いをさせたことを悔やむかもしれない。どっちがいいのかとただただ悩む。助かる可能性を最優先に考えるならば、どっちにしようかなんて選択肢は、始めから無いのだとは思うんだけれども。

いつも病院へ行くたびに先生は、お金がかかる処置に関しては、きちんと私の意志を確認してくれる。本当に有り難いことだと思うのだけど、お財布と相談しながらの選択にいつも情けなくなる。お金は死ぬ気で稼げばどうにでもなるけど、命は一つだけだ。色々なことが情けなさすぎて泣けてくる。ごめん、つんちゃん。
スポンサーサイト



 ←ポチッと応援お願いします♪

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 動物愛護宝くじ 
 プロフィール 

まめ

  • Author:まめ
  • らいち、ぷらむ、ぴーたん、おりーぶ、きなこの5うさ+捨てられて保護したうさぎ達4匹と、うさぎまみれな生活を送っています。

    メール メールはお気軽に♪
 カウンター 



現在の閲覧者数:

 最近の記事+コメント 
 ブログリスト 

CopyRight 2006 Funny Bunny All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。